現在位置:トップ › サービス紹介 › 実習生の教育について

実習生の教育について

実習生候補者の選抜は優秀な人材をピックアップすることを目的

私たちは、派遣事業をスタートして以来、第一考えたのは、優秀な人材の確保です。特に、日本への実習生は技術・技能などを修得し、その技能などのベトナムへの移転を図り、経済発展に貢献することを目的として派遣されるのです。そのため、募集・選考は、仲介者・紹介者を通じることなく希望者を広く募集し、丁寧な面接を重視しております。同時に候補者本人につき、性格、道徳、家族環境などの情報を把握するため、社員を居住地方まで審査に行かせる。

事前講習を重要視する

日本での実習の成果はどのぐらい得られるか、また帰国後修得した技能などの発揮できるかどうかは、出国前の事前講習に大きく関わっています。そのために、事前講習をしっかり行ない、日本語の他、日本の文化、習慣、法律、実習条件、雇用契約なども、十分に教育しています。

事前講習期間は、受入企業の要求によりますが、通常4ヶ月~6ヶ月としています。事前講習期間中にわたって、毎月、候補者の規則正しさや適応性、日本語能力などの評価が担任先生により実施され、その事前講習状況によって、評価の良くない候補者の日本への派遣を中止することもあります。この場合は、予め決まっていた補欠者が代わりに日本へ行くことになるような制度をとっています。こうしますと、候補者の成績が毎回抜きつ抜かれつで、お互いにいいライバルです。

人材スタッフに関してはお気軽にお問い合せください。